セルフホワイトニングで歯が白くならなかった方へ

ここ数年、エステサロンやホワイトニングサロンなどで、手軽に歯のホワイトニング(セルフホワイトニング)ができるお店が増えてきました。
この記事をお読みの方の中にも何度か行かれた方がいらっしゃるかもしれません。
でも中には、歯が白くなったという実感があまりない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
また、セルフホワイトニングで白くなったけれど、すぐに色が戻ってしまったという方も少なからずいらっしゃると思います。
「何回も通ったのに、真っ白にならなかった」「期待したほどの効果が得られなかった」という声も耳にします。
実際のところ、セルフホワイトニングは効果がないのでしょうか?
期待した効果がなかった原因は何なのでしょうか?
そこのところをわかりやすく解説してみたいと思います。

最初に、「歯が白くなると」いう場合に2つのパターンがあることをご理解ください。
一つは、歯の表面についた着色などの汚れを取って、もともとの歯の色に戻って白く見える場合。
もう一つが、歯そのものがもともとの色よりも白くなる場合です。

二つ目の「もともとの色よりも歯を白くする」には、過酸化水素や過酸化尿素といった「過酸化物」という薬品を使わなければできません。
これらの薬品は、日本では法律で規制されていて、医療機関以外では取り扱えないので、エステサロンやホワイトニングサロンでは使えないのです。
ホワイトニングサロンやエステサロンでは、医薬部外品(医薬品ではないもの)や食品添加物などしか取り扱うことができません。
その代表的なものは、ポリリン酸やメタリン酸または重曹など一般に市販されているものです。
これらは確かに歯の表面の着色汚れを除去する清掃作用はありますが、歯そのものを白くする漂泊作用はありません。
セルフホワイトニングは、一つ目の「歯の表面についた着色汚れを取って、もともとの歯の色に戻す方法」なのです。
ですから、もともと歯が白かった人がセルフホワイトニングで本来の歯の色に戻ればずいぶん歯が白くなったと感じられるでしょう。
逆に、もともと歯の色が濃かったり、着色汚れが少なかった人では、歯の白さを実感されないのではないでしょうか?

医学的には「ホワイトニング」とは薬品などで歯そのものの色を明るく変化させる治療のことを言います。
セルフホワイトニングは、歯の表面に付着しているステイン・タバコのヤニなどを取るもので、医学的に言うホワイトニングではありません。
また、日本の法律では医師・歯科医師あるいは歯科衛生士以外の無資格者が医薬品を使用することはもちろん、お客様の口に触れたり、歯磨き指導したりすることも違法になりますので、エステサロンやホワイトニングサロンでは、お客様が自分で歯に薬品を塗って、自分でLEDライトなどを当てなくてはいけません。
上手に薬品が塗れないと着色の落ち方にムラもできてしまうのではないでしょうか?

余談ですが、ホワイトニングでライトを当てる理由は、光をあてることによってホワイトニング剤に配合されている触媒を活性化して過酸化物の漂泊反応を促進するためですので、セルフホワイトニングでポリリン酸やメタリン酸になどにライトを当てても効果はありません。単なるパフォーマンスです。

結論としては
セルフホワイトニングは、もともと歯の色が白い人や、歯科医院でホワイトニングをやって歯そのものの色が白くなった人が、歯の表面の着色汚れを取って、もとの歯の色に戻したいという場合に利用するのが良いです。
もともとの歯の色が濃い人や、歯そのものの色をもっと白くしたいという場合は、歯科医院で「医薬品」を使ったホワイトニング(漂白)を受けるのが良いです。 あなたの歯の状態や、ご希望に合わせてセルフホワイトニングや歯科医院のホワイトニングを上手に組み合わせて利用するのが良いでしょう。

セルフホワイトニングより歯科のクリーニングの方が簡単に白くなります

歯科で「クリーニング」とは、歯に付着した「ばい菌のかたまり」や「歯石」を機械を使って取り除くことです。同時に歯の表面の汚れや色素沈着もきれいにすることができます。
クリーニングで歯はツルツルになりますが、歯そのものの色は変わりません。
「ホワイトニング」には

  1. 歯の表面の汚れを取ること
  2. 歯を漂白すること

の2つの意味があるので混乱してしまいます。
歯科で「ホワイトニング」とは、2.の「歯を漂白すること」を言います。
歯を漂白成分の入った薬品で白くするので、医療機関でなくてはできません。
インターネットの広告に出てくる「セルフホワイトニング」というのは「ホワイトニング」と名乗っていますが、漂白成分の入った薬品は使えないので、1.の「歯の表面の汚れを取ること」です。歯科の「ホワイトニング」とは効果が全く違います。セルフホワイトニングでは歯そのものの色は白くなりません。
では、「セルフホワイトニング」と「クリーニング」の違いはというと
クリーニングでは歯の表側だけではなく、裏側や歯ぐきの下までもきれいにできるのに比べて
セルフホワイトニングでは歯の表側だけしか効果がなく、裏側や歯ぐきの下はきれいになりません。
最近はセルフホワイトニングが流行っていますが、料金は通常セルフホワイトニングの方が歯科のクリーニングよりも高額で、きれいになる効果はセルフホワイトニングの方が歯科のクリーニングよりも劣ります。

歯科のクリーニングとホワイトニングの違いは?

歯科で「クリーニング」とは、歯に付着した「ばい菌のかたまり」や「歯石」を機械を使って取り除くことです。同時に歯の表面の汚れや色素沈着もきれいにすることができます。
クリーニングで歯はツルツルになりますが、歯そのものの色は変わりません。
「ホワイトニング」には

  1. 歯の表面の汚れを取ること
  2. 歯を漂白すること

の2つの意味があるので混乱してしまいます。
歯科で「ホワイトニング」とは、2.の「歯を漂白すること」を言います。
歯を漂白成分の入った薬品で白くするので、医療機関でなくてはできません。
インターネットの広告に出てくる「セルフホワイトニング」というのは「ホワイトニング」と名乗っていますが、漂白成分の入った薬品は使えないので、1.の「歯の表面の汚れを取ること」です。歯科の「ホワイトニング」とは効果が全く違います。セルフホワイトニングでは歯そのものの色は白くなりません。
では、「セルフホワイトニング」と「クリーニング」の違いはというと
クリーニングでは歯の表側だけではなく、裏側や歯ぐきの下までもきれいにできるのに比べて
セルフホワイトニングでは歯の表側だけしか効果がなく、裏側や歯ぐきの下はきれいになりません。
最近はセルフホワイトニングが流行っていますが、料金は通常セルフホワイトニングの方が歯科のクリーニングよりも高額で、きれいになる効果はセルフホワイトニングの方が歯科のクリーニングよりも劣ります。

セルフホワイトニングについていただいた質問の答え

セルフホワイトニングとは?

名前の通り「自分で」施術するホワイトニングです。
エステサロンやホワイトニングサロンで、自分で歯に薬品を塗って、自分でLEDライトなどを当てるシステムです。
ただし、医学的には「ホワイトニング」とは薬品などで歯そのものの色を明るく変化させる治療のことを言います。 セルフホワイトニングは、歯の表面に付着しているステイン・タバコのヤニなどを取るもので、医学的に言うホワイトニングではありません。

なぜ自分で施術するの?

エステティシャンなどの医療従事者ではない人が口の中を触ることは法律で禁止されているからです。
また、歯磨きの方法などを教えたりすることも違法になります。

セルフホワイトニングの手順は?

最初にお店のスタッフからやり方の説明を受けます
セルフホワイトニングの手順は、

  1. 歯を磨きます
  2. 「開口器(かいこうき)」という頬と唇を広げる器具をを自分で装着します
  3. 鏡を見ながら歯に薬品を塗ります
  4. 歯に光を当てる機械を自分で動かして、歯にライトを当てます
  5. 決められた時間になったら、光を当てる機械を口から離し、開口器をはずしてうがいします

以上で一連の手順は終わりです。
セルフホワイトニングで使える薬品に光を当ててもほとんど反応しません。ただし、酸化チタンは「紫外線」に反応しますが、紫外線を長時間浴びるのはあまり良いこととは思われません。

セルフホワイトニングで使っている薬品は安全?

セルフホワイトニングでは医薬品を使用できないため、ポリリン酸、メタリン酸、酸化チタン、重曹などが多く使われています。
これらは「食品添加物」で、普通の歯磨き剤にも入っているものですから基本的に人体に害はありません。
その反面、歯が白くなる度合いは普通の歯磨き剤と同様とお考えください。

セルフホワイトニングの効果は?

セルフホワイトニングの効果は、歯の表面についた茶渋やタバコのヤニなどの「着色汚れ落とし」です。
セルフホワイトニングでは「歯そのものの色」「歯の内部の色」を漂白できません。

セルフホワイトニングの良い点は?

セルフホワイトニングでは強い薬品を使って歯の内部の色を漂白するのではなく、食品添加物などを使って歯の表面の汚れを落とすだけですので「痛くない」ことが良い点です。
自分で施術するので自分の好きな時間にお店に行って気軽にできるということも良い点です。

セルフホワイトニングの良くない点は?

良い点の裏返しになるのですが、セルフホワイトニングは歯の内部の色を漂白するのではなく、歯の表面の汚れを落とすだけですので「もともとの歯の色は白くなりません」
歯そのものの色が白くなることを期待してセルフホワイトニングをすると、期待はずれでがっかりされるかもしれません。
また、通常1回ではきれいにならないので、かかるコストは歯科で汚れを取ってもらうよりも高額になります。