表参道歯科アールズクリニックのWebサイトをご覧いただきありがとうございます。

こちらのページには、当院に初めておかかりの方に、事前にご理解いただきたいことを書いております。受診をお考えの方は、お電話で予約の前に必ずこちら最後までお読みください。よろしくお願いいたします。

執筆者:表参道歯科アールズクリニック 院長 田中良一

コロナウイルス感染防止のためご協力お願いいたします。

新型コロナウイルス、特にインド型デルタ株は空気感染すると考えられています。
参照:Airborne transmission of respiratory viruses

感染防止のため、受診に際しては次の点にご注意ください。

通院の際、必ず不織布マスク以上の性能のマスクを着用してご来院ください。ウレタンマスクはウィルスの感染防御能力が1%以下しかありませんので(次のグラフ)あなたの健康を守るためにウレタンマスクはご使用にならないでください。

治療直前までマスクを着用していてください。また、治療終了後は速やかにマスクを着用してください。また、マスクを着用しないでの会話はなさらないでください。会話は必要最小限に留めていただくようご協力をお願いいたします。

空気感染防止のため、入り口ドアと全ての窓を開放し、サーキュレーターを4基稼働して強制的に常時換気しております。空調が効きませんので、温度調節可能な服装でおいでください。
また、窓が大きいため小さなお子様は転落される危険がありますので、連れておいでにならないようお願いします。

表参道歯科アールズクリニックは審美治療専門の歯科医院です

表参道歯科アールズクリニックは、保険審美歯科治療(ダイレクトボンディング)に特化した歯科医院です。小児歯科、歯周病治療や根管治療の難症例、ダイレクトボンディングで対応できない大きな虫歯や、痛みの治療は行っておりません。
検診のみ、歯石除去のみをご希望の方の初診はお受けしていません。

保険で銀歯を白くしたい方は、以下のページに耐久性などの重要な情報が書かれていますのでお読みください。

銀歯を詰め替える治療について

【重要】当院は審美歯科を専門的に診療しています。歯の色を正確に観察するために太陽光やそのスペクトル成分に接近するよう特別に設計された、自然光に極めて近い演色性の特殊な照明を使用しております。そのため日光に対するアレルギーのある方は受診をお避けください。

料金について

表参道歯科アールズクリニックは、保険医療機関です。ご来院の際は保険証を忘れずにお持ちください。

お支払いは現金のみです。

初回ご費用の目安
は、国が定めた保険の全国一律料金で、3,500円程度です。

初回の診察の結果、

ダイレクトボンディングの適応症ではなく、治療できないことがあります。そのような場合でも「初診料」「検査料」「レントゲン料金」などがかかります。これは保険医療機関として国で決められたものです
のでご了承ください。

2回目以降の保険ご負担金額は、全国平均で1回 2,100円ほどです。(厚生労働省発表「平成30年社会医療診療行為別統計の概況」)

自由診療をご希望の場合は、診断の後または治療を始める前に費用をご提示させていただきます。ご了解を得てから治療に入りますので、「いきなり高額の料金を請求される」ということはございませんのでご安心ください。

お電話でのご質問にはお答えすることができません

治療の具体的な内容については歯科医師でなくては判断できません。医師・歯科医師以外の受付スタッフがご質問の内容を判断しお答えすることや、医師・歯科医師であっても診察しないでお答えすることは医師法違反となりますのでお答えできません。治療内容については受診された際にご相談ください。

現在、他の歯科医院で治療中の方は

旅行先の事故など特別の場合を除いて複数の歯科医院で同時に保険診療はできません。他の歯科医院を継続して保険で受診される場合は、当院での診療は自由診療(自費)となります。他の歯科医院で保険で治療中の方でも、当院に転院される場合は保険で治療が受けられます。

通院中の歯科医院の他で治療に関する意見をお聞きになりたい方にはセカンドオピニオン(自由診療 30分税込11,000円)も承っております。

予約時間の5分前までにご来院ください

ご受診の際は電話でご予約ください。

初めてご来院の際には「問診票」をご記入いただいておりますので、アポイント時刻の10分前までにご来院ください。

医療の特性として予期しない事情で前の方の治療が長引き、お約束のお時間にお待たせしてしまう可能性もありますが、予約時間にはなるべくお待たせしないように最大限努力しています。

当院での治療が困難な場合の対応

小学生以下の小児歯科、進行した歯周病や困難な根管治療などの症例、顎関節症、口腔粘膜疾患や口腔癌などの大学病院レベルの設備が必要な疾患の可能性が見つかった場合や、重大なリスクが考えられる治療などにつきましては、ご希望があれば連携大学病院(東京医科歯科大学病院、慶應義塾大学病院、日本歯科大学付属病院口腔インプラント診療科)または開業専門医をご紹介しております。

初回の診療内容について

初回は基本的に

  • お悩み・お困りごとをお聞かせいただくこと
  • 歯と歯ぐき、顎関節などの診査・レントゲン撮影
  • 治療方法の説明

までになります。

いきなり歯を削ったり、抜いたりということはいたしませんので怖がらず、安心してご来院ください。

【ご注意】:当院は大学病院に準じた治療手順を採用していますので初回は診察・検査までです。治療はいたしません。

また、保険外の自費診療のセールスもいたしておりません。あなたからのご質問・ご相談があった場合にのみご説明させていただきます。問診票で「保険外の自費治療の説明を希望しない」とお答えされた方には、保険外の治療の説明を一切いたしていません。もし最初に「保険外の自費治療の説明を希望しない」を選択してみたものの、後になって保険外の治療についての説明も聞いてみたいと思われた方は、いつでもお気軽にご質問ください。

治療方法の選択はもちろん、治療するかしないかも含め全てあなたの自由にお任せしております。ご安心ください。

初診の流れ

問診票記入

初めてご来院された際には、まず「問診票」のご記入をお願いいたします。

診察

口腔内の診察・検査を行います。

たった1本の歯のトラブルでもあなたがお気づきになっていない原因が隠されていることがありますので、お困りの部分・気になっている部分だけではなく、全体的な歯と歯周組織、顎関節などのチェック、レントゲン撮影を行います。

必要があれば、歯型をとったり、写真を撮影する場合もあります。

ご説明

口腔内の診察の結果、ご希望の治療ができるかどうか、治療の方法などや、今まであなたが気づかれていなかった問題点を説明します。

治療は次回から

初回は診察・説明までです。初回は治療はいたしません。治療は2回目から始めさせていただいています。