審美歯科治療のホワイトニングについてよくいただく質問

ホワイトニングと言っても、エステサロンやホワイトニングサロンで行う「セルフホワイトニング」と歯科医院で行う審美歯科治療としての「ホワイトニング」があります。

ここでは歯科で行うホワイトニングにについてよくいただく質問を掲載しています。

 

歯を白くする方法にはどんなものがありますか?歯を削らずに白くする方法はありますか?

歯を白くする方法には

  1. 歯をホワイトニングする
  2. 歯に明るい色のセラミックを貼ったり(セラミックベニア)、かぶせる(セラミッククラウン)

という2通りの方法があります。
歯を削らずに白くする方法は、過酸化水素や過酸化尿素を使った「ホワイトニング」です。
ホワイトニングの中にも

  1. 歯の表面の汚れを取って、元々の歯の色にする場合
  2. 歯の内部まで漂白して、歯そのものの色を白くする場合

の2通りがあります。
1.の「歯の汚れを取る」方法は、エステサロン、美容院、ホワイトニングサロンで扱っているセルフホワイトニングや、歯科医院で受けられる「クリーニング」があります。
歯科のクリーニングでは、歯の表面に付着して褐色~黒くなっているステイン( 食べ物などが原因の色素 )を器械を使って歯を研磨して元のきれいな色に戻します。

2.の「歯そのものを白くする」方法は、歯科だけでしか受けられません。「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」がこれです。天然の歯が変色していたり、元々の色に不満がある場合、天然の歯をもっと白くしたい場合にホワイトニング剤を使って歯を漂白する「ホワイトニング(ブリーチ)」をおこないます。

歯の表面についた、コーヒーやタバコのヤニなどの汚れは「クリーニング」や「セルフホワイトニング」で取ることができますが、歯本来の色を白くする効果はありません。
歯そのものの色を白くしたい場合はクリーニングやセルフホワイトニングでは白くなりません。その場合は歯科でのホワイトニングで白くできます。

ホワイトニングには、歯科医院で歯に薬剤を作用させて行う「オフィスホワイトニング」と、専用のトレーにご自分で薬剤を注入して装着していただく「ホームホワイトニング」とがあります。

すでにつめ物やかぶせ物がある歯を白くしたい場合には、セラミックを使います。

ホワイトニングの場合は歯を削らないでできますが、セラミックベニアやセラミッククラウンは歯を削る必要があります。
また、ホワイトニングとセラミックを組み合わせて歯を綺麗にする場合もあります。

ホワイトニングでどのくらい白くなりますか?

歯にダメージを与えないよう安全にホワイトニングをおこなうにはホワイトニングの限界点があります。
また、あなたがどれくらいの「白さ」を希望されるかによって、ホワイトニングだけでご希望の白さまで白くなるとは言い切れません。
術前にどの程度まで白くなるかを予想するのは困難ですが、通常は良好な結果が得られます。
ただし、 子供の頃に抗生物質などの薬品によって変色してしまった歯ではホワイトニングではあまり改善されない場合もあります。
それ以外では、 ほとんどの場合ホワイトニングによって「白い歯」を実感していただけます。

ホワイトニングした白さはずっと続きますか?

オフィスホワイトニングは色が戻りやすいので、オフィスホワイトニング単独の場合は長期間白さを持続できません。
かといって、オフィスホワイトニングを繰り返しすと歯のダメージが大きくなりますのでお勧めできません。
歯の白さを長期間持続させるためにはオフィスホワイトニング+ホームホワイトニングまたはホームホワイトニング単独の施術が欠かせません。
ホームホワイトニングの場合、少しの後戻りがありますが元の色に戻ることはありません。
また定期的にクリーニングを受けていただくことで、白さを維持し、後戻りを遅らせることができます。
また、短期間のホワイトニング(タッチアップ)によって白さを回復することもできます。

ホワイトニングをしたのに数ヶ月後に色が後戻りしてしました。どうしてですか?

ホワイトニング直後の白さは、その後平均2週間にかけて少し元の色に戻ります。どの程度後戻りするかは、個人差があって術前に予測することはできません。
平均2週間後に色が安定しますが、その後も少しずつではありますが後戻りは続きます。
色の後戻りの原因は
①歯の表面にお茶やタバコなどによる着色する
②歯の再石灰化によりエナメル質の表面の性状が変化する
ためです。
ホワイトニングで白くなった歯の白さを維持するためには3ヶ月毎のクリーニングや、半年~1年毎のタッチアップ(短期間のホームホワイトニング)でメンテナンスする必要があります。

ホワイトニングの期間はどれくらいかかりますか?

オフィスホワイトニングの場合、1回約1時間です。
ホームホワイトニングの場合は、厚生労働省が1日2時間ずつ2週間までと定めています。ただし、これは本来の使用法ではないので、この方法ではあまり白くなりません。
その理由は、初めて日本でホワイトニング剤が認可された時、「歯の漂白剤」としてではなく「歯の清掃補助剤」つまり歯磨きの補助として認められたからです。そのため使用時間を本来より短く定められてしまいました。
初めて日本で認可をとったホームホワイトニング剤はアメリカの「Nite White」という製剤です。名前からわかる通り「over night」寝ている間使用して目覚めたら外すというものです。
ちなみに当時、同じメーカーで日中短時間使用するホームホワイトニング剤もありました。(日本未認可)
名前を「Day White」と言います。そのままのネーミングです。
つまり日本では、「Day White」の使い方で「Nite White」を認可してしまったのでホワイトニング効果があまりなかったということです。
ホームホワイトニングの本来の使用時間で行えば、最も歯が白くなります。
ただし、注意点として、厚生労働省の認可した製剤を使用して定められた方法でホワイトニングを行わないと自己責任となり、もし副作用(薬害)がおこった時に国の保障を受けるこ とができません。

ホワイトニングは安全ですか?

ホワイトニングの安全性について、一般的に歯科医院では次のように説明されることが多いです。
ホワイトニング効果を発生する成分は「過酸化水素」と「過酸化尿素」です。 これらは、米国食品医薬品局によって、口腔内殺菌剤として人体に安全であると保証されています。
過酸化水素は、無色透明の液体で強い殺菌作用があり、食品の容器の消毒などにも使われます。完全に除去できれば食品にも使用できます。
誤って過酸化水素を飲んだ場合も、水と酸素に分解されます。体内に吸収された場合でも分解されるので安全です。
過酸化尿素は、過酸化水素と尿素に分解されてホワイトニングの効果を発揮します。この過酸化水素も水と酸素に分解されるので安全です。尿素は体内に存在する物質ですので安全です。
ホームホワイトニング剤が漏れ出た場合も、安全性に問題がないとされています。
これは本当だと思いますか?
ホワイトニング効果を発揮する物質は「フリーラジカル」と言われるものです。
フリーラジカルは、以前テレビでも話題になったように、人間の細胞を老化させる物質です。
オフィスホワイトニングの場合は、ホワイトニング剤が漏れないよう、歯の周りにバリアを作って施術しますが、ホームホワイトニングでは、わずかながらホワイトニング剤を飲み込む可能性があります。
体の中でホワイトニング剤からフリーラジカルが発生した場合、少なからず体内の細胞に害を及ぼすことが予想されます。
ホームホワイトニングを長期間行うということは、フリーラジカルが長期間体内に入ってしまうということです。
したがいまして、ホワイトニングを行う場合は、ホームホワイトニングをなるべく短期間で済ませた方がより安全と言えます。
ホワイトニングは誰でもできますか?年齢によって効果に差がありますか?
歯に虫歯や亀裂がある場合や、変色の原因、全身的な問題によってはできない場合があります。
エナメル質形成不全症や象牙質形成不全症の方、無カタラーゼ症の方、金属による変色、妊娠中、授乳中の方、生えて間もない永久歯などはホワイトニングできません。
年齢による効果の違いについては、年齢だけでホワイトニングの効果に差があると報告している論文はありません。
ただし、歯の色は年齢にしたがって明るさが暗くなりますので、ホワイトニングで希望する明るさにならなかったり、治療の期間が長くかかることが考えられます。
また、高齢者の方にはお勧めできません。
その理由は、ホワイトニング剤から漂白作用のある「フリーラジカル」というものが発生するのですが、これは色素だけではなく人間の細胞も攻撃し細胞を老化させます。
フリーラジカルに対抗するのがスカベンジャーと言われるものですが、年齢にしたがってスカベンジャーの力が低下します。
つまり、ホワイトニングによって老化をすすめてしまうということです。

どんな歯でもホワイトニングできますか?

ホワイトニングは天然の歯にのみ効果があります。天然の歯でも、歯の生え際(歯頚部)はエナメル質が薄いため濃い色が残りやすいです。
詰め物やかぶせ物、さし歯の色をホワイトニングで変えることはできません。
ホワイトニング剤は色素沈着を分解する作用があるので、プラスチック(歯科用レジン)を詰めてある場合、プラスチックの表面にある汚れは分解されてやや明るさを取り戻すこともありますが、天然の歯ほど白くはなりません。
そのためホワイトニング後に天然の歯の部分と人工物との間に色の差がでてしまいます。
すでに多くの歯がセラミックや金属で治療されている場合、人工物はホワイトニングで白くなりませんので、ホワイトニングに加えてその部分の再治療を行う必要があります。
この時、ホワイトニングは色調のコントロールが難しいので、最終的に色調を調和させるためには、まずホワイトニングをおこなって、ホワイトニングで得られた色調に合わせてセラミック審美歯科治療をおこないます。
ただし、ホワイトニングした歯は何年かして色の後戻りが起きて、セラミックと色が合わなくなります。
長期的にはの色を綺麗な色で安定させたいのなら、外から見える部分はセラミックで治療したほうが綺麗で若々しくいられます。
深い虫歯があるとホワイトニング薬が虫歯に入り込んで歯の神経(歯髄)にダメージを与える可能性があります。歯の神経がダメージを受けると、強く痛んだり、場合によっては歯の神経を取らなければならなくなります。
虫歯がある場合は、ホワイトニングの前に治療が必要です。
天然の歯でも、金属の詰め物による変色やお薬による変色の場合にはホワイトニング効果が期待できない場合があります。
神経のない歯は、神経のある歯ほどには白くなりません。神経のない歯の場合には別の方法で白くすることをおすすめします。
神経のない歯を白くする方法には
ウォーキングブリーチ
セラミック(ベニア・クラウン)
があります。
ウォーキングブリーチは、歯を削って内側に漂白剤を入れ中から薬を作用させる方法です。
この方法で十分白くするためには歯の内側の象牙質をほとんど削り取って表面のエナメル質だけにする必要があります。
象牙質をなくした歯は非常にもろくなりますので、あまりお勧めできません。

ホワイトニングで歯の裏側も白くなりますか?

オフィスホワイトニングでは歯の裏側まで白くはできませんが、ホームホワイトニングをやれば歯の裏側も白くなります。
矯正治療中でもホワイトニングはできますか?
頬側にワイヤーやブラケットが付いていなければオフィスホワイトニングができます。
ホームホワイトニングは難しいですが、できる場合もあります。
インビザライン、アソアライナーなどのマウスピース矯正ならどちらのホワイトニング方法も可能です。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングのどちらを受ければ良いですか?
ホームホワイトニングは歯科医院でホワイトニング用のトレー(マウスピース)を製作し、家庭でご自分でホームホワイトニング用のホワイトニング剤をトレーに入れて歯に装着し歯を漂白する方法です。
ホワイトニング剤は濃度の低い過酸化尿素が使われます。
オフィスホワイトニングは歯科医院で、ホワイトニング専用のライトとオフィスホワイトニング用のホワイトニング剤を使って、歯科医師が行うホワイトニング方法です。
ホワイトニング剤は濃度の高い過酸化水素が使われます。
なぜ違う薬品を使うかというと、歯に対する危険度が違うからです。
リスクの高い薬品は歯科医師の管理のもとで使用しなくてはいけないからです。
【それぞれの効果の違いについて】
オフィスホワイトニングで使う薬品は歯のエナメル質の結晶の間にある有機質を分解して深いところまで薬品が浸透しやすくします。
ただし、オフィスホワイトニングだけだと、色が戻りやすく白さが長続きしません。
ホームホワイトニングで使う薬品はそこまで強くはありませんが、長時間使用することで歯の深いところまで漂白する効果があります。
ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べると即効性はありませんが、白くなった結果は長続きします。
その反面、ホームホワイトニングの期間が長くなると、過酸化物から分解して発生するフリーラジカルを長期的に体内に取り込んでしまいます。フリーラジカルは歯を漂白する以外に人間の細胞を攻撃して老化を早めてしまいます。
したがって、ホームホワイトニングは最短期間で終わらせるべきです。
オフィスホワイトニングだけでは、色の後戻りが早く長期的に白さが持続しません。
ホームホワイトニングだけでは、治療期間が長くかかり過ぎ全身の健康が心配されます。
結論として、最初にオフィスホワイトニングを行い、直後に続けてホームホワイトニングを行う方法が良いです。

オフィスホワイトニングを何度も受けて大丈夫ですか?

ビヨンド、ティオンオフィス、ZOOM!などが代表的なオフィスホワイトニングですが
オフィスホワイトニング単独だと比較的短期間に色が戻ってしまうので
何度も繰り返しオフィスホワイトニングを受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。
通常、オフィスホワイトニングは強い過酸化水素を使うので歯に対するダメージが大きいです。
また、オフィスホワイトニングは歯の成分を一部溶かすので、歯の表面に細かな傷がついてしまう可能性あります。
そしてその細かい傷に食べ物・飲み物・タバコなどの色素が沈着しやすくもなります。
オフィスホワイトニングを何度も受けるのはお勧めできません。
歯の表面に白い斑点があるのですが、ホワイトニングで消えますか?
ホワイトニングによって一時的に白い斑点がかえって強調されますが、期間を永くホワイトニングすることで目立たなくなります。

 

歯の色が変わる理由は?

歯の変色の原因には、外部からの影響によるものと体の中からの影響によるものがあります。
中にはホワイトニングでは白くできない場合もあります。

外因性の変色

  • タバコ:歯の裏側に多く着色します。
  • 茶しぶ:コーヒーや緑茶・紅茶などが原因です。
  • 色素産生菌によるもの
  • 金属が原因のもの:歯につめた金属のイオンがしみ込んで歯を変色させます。
  • 慢性の虫歯:黄褐色~黒褐色に変色します。
  • 初期の虫歯:白く濁ります。

内因性の変色

  • エナメル質形成不全:白く濁るもの ~ エナメル質がまったくないものまで様々です。ホワイトニングの適応症ではありません。
  • 象牙質形成不全:オパールのような色調になっています。ホワイトニングの適応症ではありません。
  • 加齢によって歯が黄ばんだもの
  • 歯の組織への色素沈着:全身的な病気や、胎児~小児のころの抗生剤の影響が原因でおこります。
  • 歯の内出血・歯髄の壊死:外傷や不適切な歯の治療が原因でおこります。ピンク~紫~黒褐色の変色。
  • 歯の内部吸収:外傷、熱傷などが原因です。