白く詰める治療の比較

白く詰める治療の比較 – ダイレクトボンディングとインレー

歯に白く詰める治療法には、口の中で直接歯を作る「直接法」と、口の外で製作した物を歯に詰める「間接法」があります。ダイレクトボンディングは直接法で、インレーが間接法です。ダイレクトボンディングに使う素材はプラスチックで、インレーの素材にはセラミックとプラスチックがあります。このうち保険で治療できる方法はダイレクトボンディングとプラスチックのインレー(CAD/CAMインレー)です。セラミック素材のインレーは自費治療になります。使用するセラミックはジルコニアやe.maxなどです。プラスチック素材の中にも保険で使えないものもあり、それらを一部でも使った場合は自費治療になります。

現在広く普及している治療法の比較を下の図にまとめました。

 

セラミックインレー

CAD/CAMインレー

ダイレクトボンディング

素材セラミックレジン(プラスチック)レジン(プラスチック)
費用自費(数万円〜)保険(約4500円)保険では(1500円〜2000円ほど)
治療回数2回以上2回通常1回
見た目製作する歯科技工士の技術により大きく差がある不自然最も自然で綺麗
歯を削る量多い最も多い必要最低限ですむ
安全性歯を削る量が多いので、歯に取り返しのつかないダメージを与える可能性がある歯を削る量が最も多いので、歯に取り返しのつかないダメージを与える可能性がある歯を削る量が最も少ないので、歯にダメージを与える可能性が最少
耐久性割れることがある割れる可能性が高い
はずれる可能性が高い
欠けるることがある
壊れた時の対処法全て新しく作り直さなければいけない全て新しく作り直さなければいけない最小範囲の補修で治せる
短所費用が高い
製作する歯科技工士の技術が必要
費用の割にクオリティーが低い歯科医師の技術が必要
口を開けている時間が長い
おすすめ度★★★★★★★★

表参道歯科アールズクリニックでは、歯に詰める治療法として保険診療のダイレクトボンディングをおすすめしています。その理由は、歯を削る量が最小限で済むので一番大切な自分の歯を最大限守ることができるからです。

この記事を読んだ人はこちらの記事もお読みです

保険で銀歯を白くする方法

保険のダイレクトボンディング治療例