歯をキレイにする治療が得意な歯科医院だからできる、
保険で銀歯を白くできる保険審美歯科

表参道歯科アールズクリニックは、
銀歯が気になっている多くの人に
料金の心配をしないでお悩みを解決していただきたいと思っています。

銀歯にしない治療法とは

審美歯科の治療法の一つに、お口の中で歯に直接( direct )、コンポジットレジンという樹脂を接着( bonding )して、歯の形を回復する方法( ダイレクトボンディング )があります。口の中で直接歯の形を作るので、一般的に治療は1回で終了します。
ダイレクトボンディングの長所は、歯を削る量が最小限ですむことです。

技術の進歩によって、歯に詰める樹脂の強度や、樹脂を歯に接着する材料の接着力が上がり、歯に樹脂を詰めて歯の形を回復する治療の成績が良くなりました。

しかし、歯科医学は進歩しているのにも関わらず、今でも虫歯を詰める治療には銀歯が使われることが多いのには理由があります。

まず、ダイレクトボンディングよりも銀歯を詰める治療の方が短時間で終わり、料金も高いので、歯科医院の収入は銀歯にした方が多くなります。

もしあなたが銀歯ではなく白い歯を希望された場合、多くの歯科医院では自費で白いセラミックを詰めることを勧めているようです。

後で説明しますが、実は歯に詰める治療では、コンポジットレジンの方がセラミックよりもはるかに優れた材料なのです。

また、セラミックではなくダイレクトボンディングも選択肢の一つに考えている歯科医院でも、ダイレクトボンディングは保険ではなく自費でやっている歯科医院がほとんどです。
当院のある表参道周辺では、ダイレクトボンディングの料金は1歯5万円前後が相場のようです。
表参道歯科アールズクリニックでは、たとえ医院の売り上げが少なくなったとしても、銀歯の見た目が気になっている人に、料金の心配をしないでお悩みを解決していただきたいと思い、保険を使ったダイレクトボンディング(保険審美歯科)を提供しています。

当院では保険審美歯科を中心に診療していますので、自費治療を無理におすすめすることはしていません。
ご要望があった時のみ、高品質なセラミック審美治療・大学教授が担当する歯科口腔インプラント外科などのご説明もさせていただきます。すべてあなたのご都合に合わせて治療方法を選んでいただけます。

セラミックではなくコンポジットレジンをお勧めする理由

素材の性質だけを比べると、コンポジットレジンの方がセラミックよりも強度が弱いので、欠けやすいということはあります。

しかし、柔らかいという欠点は、人体に応用した時には逆に大きなメリットとなります。

歯に詰める治療の場合は、セラミックよりもコンポジットレジンを使ったダイレクトボンディングの方が、

  1. 材質が柔らかいので、歯を割ってしまうリスクが少なくなります。
  2. 自由に形をつくれるので、歯を削る量がはるかに少なく、歯に与えるダメージが少なくなります。
  3. 直接接着するので、接着力は強くなります。
  4. そして、治療費は10分の1以下ですみます。

ダイレクトボンディングができない場合

とは言っても、すべての歯がダイレクトボンディングで治せるとは限りません。次のような場合はダイレクトボンディングが難しくなります。

  • かぶせ物の銀歯はダイレクトボンディングでは白く治せません。一定の条件を満たせば保険で使える硬い樹脂で白いかぶせ物ができます。歯の状態によって国の決まりがありますので、診察の際に詳しくご説明します。
  • 歯周病になっている場合は、歯ぐきからの出血などが接着の邪魔をします。歯周病を先に治療しなければダイレクトボンディングが成功しません。
  • その他、歯の状態、かみ合わせなどによってはダイレクトボンディングができないことがあります。

銀歯の詰め物を保険で白くする料金

保険治療は、国が定めた全国一律の料金です。東京の都心でも、東京都である離島でも、北海道・沖縄でも同じ料金です。

保険の料金は、歯の状態、診療内容、治療する歯の数によって前後します。初めての方や、治療終了後何ヶ月かたって再度来院された方の場合は「初診料」がかかりますので少し多めにかかります。また、その月の1回目の治療の時には「管理料」などが加算されることがあります。それらを含めて1回の治療費用の全国平均は1,500円前後です。

初回の診察の結果、ダイレクトボンディングの適応症ではないことがあります。そのような場合でも「初診料」「検査料」などがかかります。これは国で保険医療機関として決められたものですのでご了承ください。

銀歯の詰め物を白く治す手順

銀歯を外してダイレクトボンディングで白く治す手順をスライドシショーにしました。(音声はありません)

【 保険適応 】医療広告ガイドラインに基づく表記
お問い合わせ先:03-6447-4360

ダイレクトボンディングの耐久性

コンポジットレジンを使ったダイレクトボンディングと金属を詰める治療法(インレー)とでは耐久性に差はありません。

治療後11年の比較では、ダイレクトボンディングの方が金属インレーを上回っています。(下表)

  良好・可 不可
ダイレクトボンディング 85% 15%
金属インレー 78% 22%

参考文献:Composite resin fillings and inlays. An 11-year evaluation Ulla Pallesen,Vibeke Qvist.

また、ダイレクトボンディングで使うコンポジットレジンは、摩耗したり欠けたりしやすいのですが、もし欠けた場合でも新しく歯をたくさん削って治療する必要はありません。最小限の削り方で再治療できますから、歯の寿命を縮めることが少ないです。

院長 田中良一

国立 東京医科歯科大学卒業
元 山王病院歯科医長

表参道歯科アールズクリニック 院長の田中良一です。

実は、私も金属アレルギーでした。

ですから、銀歯が気になっている多くの人に
料金の心配をしないでお悩みを解消していただきたいと思い、保険でも銀歯にしない審美歯科治療を実践しています。

表参道歯科アールズクリニックは、
審美治療が得意な歯科医院だから可能な
保険で銀歯を白くできる保険審美歯科です。


あなたのご希望やご質問、スケジュール、ご予算など、
気になること
悩んでいること
なんでもご相談ください。

院長経歴はこちら

ACCESS

表参道歯科アールズクリニック

東京都渋谷区神宮前1-2-17 青山R夏野ビル3a
表参道駅A2出口より徒歩1分

休診日のお知らせ

2019年 3月
24
25
26
27
28
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

休診日

土曜:受付4pmまで